http://kabukacharts.com/hibi.html

http://www.apa-to.com/

http://www.clickhoken.com/

http://www.gannhoken.com/


皮膚がんの初期症状とその画像

皮膚がんは皮膚に生じるものであるために目で見て確認できるので早期発見が可能です。

しかし痣やイボ、ほくろと見間違えることも多いため、 結果的に早期発見のチャンスを逃してしまうケースもあるようです。 肌に何らかのいつもとは違う変化が求められたら医療機関に相談することがいいでしょう。

市販薬などで一時期的に症状が抑えられてもすぐにぶり返したり 症状が改善しなかった時などは迷わず相談することをお勧め出来ます。 皮膚がんの初期症状としてかゆみや痛みについて取り上げました。


かゆみは痛みのごく弱い刺激の感じ方だとされており、基本的には同一のものと考えられています。 こうしたことを感じるということは何らかの刺激を受けているということです。 そのために疾患のサインとして捉えられることも多いです。

しかし一般的に皮膚がんの初期症状としてはかゆみや痛みを感じやすとはされていません。 かゆいほくろはガンの可能性が高いとする噂がありますが根拠はありません。 画像のようなほくろがメラノーマに変化するケースでもかゆみは特徴とされてはいません。

また基底細胞癌では黒色や灰黒色のしこりが初期症状の代表的なものですが、 ここでも特にかゆみや痛みを感じることは多くないようです。


一方で有棘細胞癌では発生した場所の皮膚が盛り上がることが特徴的です。 がんが進行すると次第に不揃いないびつな盛り上がりがさらに大きくなります。 この時に皮膚の表面が弱くなりただれや画像のような潰瘍を起こします。

こうした時にはかゆみや痛みを感じることがあると思います。 膿が出てきたり悪臭が感じられたりすると転移の可能性が考えられます。 かゆみが出る皮膚がんでは湿疹のような症状を表すことが多いです。

発生の原因のひとつとして炎症が悪化したことも考えられるので、 強い紫外線を浴びすぎたことを原因とする日光硬化症では発疹を生じます。


進行すると有棘細胞癌に移行することがあるので注意が必要です。 またパジェット病では紅斑やびらんを生じるので患部にかゆみをもたらすことがあります。

こうして見ると、皮膚がんの発生や初期症状としてかゆみや痛みと関連性は薄いと言えます。 しかしこの静けさが皮膚がんの恐ろしいところであり、 画像みたいなメラノーマの末期になるまで明確なサインが出ないことで見逃してしまうことになる場合があります。

医師の診断においても視診で判明できるケースがほとんどなので、 感覚的な異常を感じなくても、形が変わった痣やしこりが出てきた場合や かゆみが無くてもほくろが以前とはちょっと違うと感じられたらメラノーマの可能性があるため医療機関へ行くべきです。